本文へスキップ

NPO-JANAX は、会員の知識と経験を基に、アジア諸国と市民レベルの交流を深めていく会です。

年度毎の主な活動報告report

平成29年度(2017/4-2018/3)の主な活動内容

活動報告写真

この年の12月、TIJ東京日本語研修所様の協賛を得て、ベトナムのダナン大学外国語大学(DUFLS)日本語科において、「集中ビジネス日本語コース」を実施しました。
このコースは土・日曜日を挟んで、実質フル8日間の30コマで行われました。一昨年実施したトライアル・コースを量・質共に向上を図りました。
また一昨年から始まった、ベトナムのハイフォン私立大学(HPU)の英語・日本語特科クラスへのオンサイト支援も大好評を得て、継続してます。


平成28年度(2016/4-2017/3)の主な活動内容

活動報告写真

この年の6月、JAMAXメンバーの一部でベトナムのハノイ、ハイフォン、ダナンの各地を回って、ベトナム/日系企業、また大学等を訪問し、JAMAXの活動を広げる調査を実施しました。
行く先々で、数年前には見られなかった高層ビルや、現在、建築中の多くの現場に目を瞠ると共に、バイク主体だった交通事情が自動車の普及で変わりつつあるのを目にし、ベトナムの経済発展の状況を実感しました。
また昨年から始まった、ベトナムのハイフォン私立大学(HPU)の英語・日本語特科クラスへのオンサイト支援も信頼が高く、継続中です。


平成27年度(2015/4-2016/3)の主な活動内容

活動報告写真

この年、ベトナムのハイフォン私立大学(HPU)から日本語教育を支援して欲しい旨の依頼を受け、 当会と親しいベテランの日本語教師に行ってもらうことになりました。
この支援決定に基づき、HPUは英語・日本語特科クラスを新設。支援活動はオンサイトでの作業となり、日本語教育のカリキュラム作成、テキスト選定、ベトナム人教師に対する研修、そして直接授業担当と多岐に亘りました。
さらにこの年の12月、ベトナムのダナン大学外国語大学(DUFLS)日本語科において、ビジネス・クラスのトライアル教育を実施しました。
このクラスはフル5日間の20コマで構成され、主としてベトナムに進出している日本企業への就職を希望する学生に対して、日本的なビジネスの基本を教えました。


平成26年度(2014/4-2015/3)の主な活動内容

活動報告写真

この年の後半、或る日本企業からの要請で、ベトナムの医療事情を調査しました。調査方法としてはWEBでの情報検索や、現地病院への直接訪問による関係者インタビュー等になります。
まだまだベトナムの医療事情は改善すべき点が多いことが判りましたが、一方、JICAを通して日本の公的支援も多く行われている現状も見ることができました。


平成25年度(2013/4-2014/3)の主な活動内容

活動報告写真

この年度の冬、延べ1カ月間、ベトナムMTテレコム社の日本向けビジネスを担当する社員に対し、日本語による「IT社員の基礎」を、ダナン市でのオンサイト研修と、WEBを使った遠隔研修で実施しました。
研修内容は日本企業との基礎的アプローチ/コミュニケーション方法やIT関連書類作成時の基本的注意事項等になります。


平成24年度(2012/4-2013/3)の主な活動内容

活動報告写真

日本に留学を希望するベトナム人が急増する中で、ベトナムではいかがわしい学生派遣会社も多くみられます。 長年多数のベトナム人を支援されてきた或る日本人の方は、この状況からベトナム人を救う方法として、留学を希望するベトナム人と日本の日本語学校を直接結び付ける自主活動をされてきました。
NPO-JAMAX はその活動に賛同し、一年を通してその活動を支援しました。主な支援内容は入学申請書の作成ガイド・指導や日本語学校との連絡です。
この支援活動は以降も続いています。


平成23年度(2011/5-2012/3)の主な活動内容

活動報告写真

東京都から認可が下り、5月6日、特定非営利活動法人日本アジア経験交流会が発足しました。

9月中旬から3ヶ月間、ベトナムFPTソフト社のオフショア・ブリッジSE社員対象に、日本語による主として「社会人基礎力」の研修を、ホーチミン市でのオンサイトで実施しました。
その研修材料はベトナム人教師に引き継がれ、以降もFPTソフト社の社員研修において活用されています。


特定非営利活動法人日本アジア経験交流会

〒150-0046
渋谷区松濤2丁目16-16-602

eMail npojamax01@gmail.com

HP   http://www.npojamax.org